Posts Tagged “著作権問題”

「スマートフォン向け音楽ゲームの開発と販売に関する研究:『RhythMiko~リズミコ~』の製品版と改良版の比較を事例として」日本デジタルゲーム学会2012年次大会、予稿集pp.212-213、九州大学大橋キャンパス(2013年3月5日)にて発表しました。

●概要
私たちは、Android向け音楽リズムアクションゲームアプリ「RhythMiko~リズミコ~」の開発研究に基づき、音楽ゲームの企画・開発・商業流通の課題と展望について、実機を用いながら発表する。本研究では、ユーザが求めている要素を回帰分析した結果、「手軽」、「対戦・協力」、「簡単」という3つが抽出された。また、音楽ゲームに関する特許権について調査し、その回避方法について検討した結果、「タッチ」、「ホールド」、「スライド」という3種類のノーツ(音符)を新たに考案した。そして、先述の3つの要素をもとに、Android向け音楽リズムアクションゲーム「RhythMiko~リズミコ~」を開発し、体験版を2011年11月27日に、製品版(100円)を2011年12月4日にAndroid Market(現・Google Play)でリリースした。その結果、日本をはじめ、さまざまな国からダウンロードされている。しかし、リリース後の評価を分析した結果、ストーリー、ノーツ、エフェクト、レベルデザインの改善などの課題が残されたため、改良版の開発を行った。そこで、本発表では、製品版と改良版の相違点を整理し、スマートフォン向け音楽ゲームの展望について言及する。

●関連ウェブサイト
日本デジタルゲーム学会2012年次大会
Google Play:RhythMiko~リズミコ~(Lite)(体験版:無料)
Google Play:RhythMiko〜リズミコ〜(製品版:100円)


プロモーション映像:RhythMiko~リズミコ~(Lite)

Comments 「スマートフォン向け音楽ゲームの開発と販売に関する研究:『RhythMiko~リズミコ~』の製品版と改良版の比較を事例として」 はコメントを受け付けていません。

ダイヤモンド・オンライン「コンテンツ業界キャッチアップ」(2010年12月28日)に、ゲーム業界で働く人たちの2010年の注目ニュースに関する記事が掲載されました。今回のテーマは、「ゲーム業界ゆく年くる年~識者と語り尽くす 任天堂の逆風、ソーシャルゲームの勢い、キネクトとトルネの可能性・・・そして業界の未来」です。

ゲーム業界の人材面からみた2010年の注目ニュースとして、大手ゲーム会社のリストラ、ゲーム業界就職フェアの初開催、著名開発者の離職を取り上げて、それぞれコメントし、開発者を、代替可能な資源ではなく、組織とともに共創的価値を生み出す「創造的人材」とみなす必要性について言及しました。また、2010年5月に提出した「違法複製ゲームソフトの使用実態調査報告書」についても紹介しています。

Comments ダイヤモンド・オンラインに記事が掲載されました はコメントを受け付けていません。

日本経済新聞本紙(2010年6月4日)に、「違法複製ゲームソフトの使用実態調査報告書」に関する記事が掲載されました。

また、社団法人コンピュータエンターテインメント協会のウェブサイトに本調査報告書がアップロードされました。

Comments 日本経済新聞に記事が掲載されました はコメントを受け付けていません。

「違法複製ゲームソフトの使用実態調査報告書」社団法人コンピュータエンターテインメント協会(2010年5月17日)を執筆しました。

Comments 違法複製ゲームソフトの使用実態調査報告書 はコメントを受け付けていません。