Posts Tagged “キャリア”

「インキュベーションとIPから考える学生のキャリア形成:GDC Education Summitからの示唆」日本デジタルゲーム学会2016年夏季研究発表大会、予稿集pp.26-30、東京工芸大学中野キャンパス(2016年8月6日)にて発表しました。

●キーワード
ゲーム教育、インキュベーション、知的財産権、キャリア形成、GDC Education Summit

●概要
本発表では、南カリフォルニア大学、カーネギーメロン大学、ニューヨーク大学におけるインキュベーションやIPの在り方について報告し、日本の高等教育機関への示唆について検討する。

●関連サイト
日本デジタルゲーム学会2016年夏季研究発表大会
SlideShare インキュベーションとIPから考える学生のキャリア形成:GDC Education Summitからの示唆

Comments コメントなし »

『ゲーム開発者の就業とキャリア形成2015』一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(2015年3月31日)を執筆しました。

●概要

昨今のゲーム産業は、家庭用ゲーム機にとどまらず、スマートフォンやタブレットなどのさまざまなプラットフォームを介したゲームが急速に拡大し、同時に、インターネットを介したゲームも普及し、産業構造が大きく変化しつつある。このように、ゲームの領域が拡張され、産業構造が大きく変化するなかで、ゲーム開発者を取り巻く環境も変容しつつあり、その実情と照らし合わせ、自らのキャリアを省察し、展望しながら、変化する環境に適応させていくことが、より一層重要となってきている。また、ゲーム開発者について理解を深めることは、開発者の叡智や情熱の結晶であるゲームそのもののみならず、それを介して接続される人々、社会、コミュニティ、産業、文化の持続可能な発展にとって重要である。

そこで、一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会CEDEC運営委員会は、ゲーム開発者が働く環境と、キャリアに関する意識や行動の現況を把握することを目的として、2015年7月1日〜8月7日に、商業ゲーム開発者を対象にした第3回目のインターネット調査(ゲーム開発者の生活と仕事に関するアンケート調査2015)を実施した。この間に得られた調査回答は、207件であった。
本調査報告書では、さまざまな読者がそれぞれの視点で把握できるように、性別、最終学歴別、年齢階層別、職種別、プラットフォーム別、従業員数別にまとめている。
本調査報告書の構成は以下のとおりである。
第1章「調査の概要」では、調査の趣旨、対象、方法などを提示している。
第2章「回答者の概要」では、(1)性別、年齢、国籍、最終学歴、学問系統といった「回答者の基本属性」、(2)同居家族構成、主たる生計維持者といった「回答者の生活属性」、(3)開発・支援しているプラットフォーム、開発・運営タイトル数、職種、役職、勤続年数、ゲーム産業での就業年数といった「回答者の就業属性」、(4)勤務先の創業年数、従業員数、勤務地、対前年度比の企業業績といった「回答者の職場の概要」を提示している。なお、昨年度(2014年度)の調査結果と比較検討が可能となるように、データを付記している。
第3章「ゲーム開発者の仕事と職場」では、プロジェクトの人数、タイトルの開発・運営状況、ゲームの開発・運営サイクル、ゲームのサービス運営、職場や仕事の特徴などを提示している。
第4章「ゲーム開発者の働き方とキャリア」では、就労形態・勤務形態、通勤時間、始業・終業時間、労働時間、繁忙期の長さ、転職の回数などを提示している。
第5章「ゲーム開発者の給与」では、2014年1月〜12月の年収について、国内外の関連調査結果との比較を踏まえて提示している。
第6章「ゲーム開発者のキャリア」では、技能修得方法、技能向上方法、自己研鑽、ゲーム産業での就業計画、今後のキャリア志向などを提示している。
第7章「ゲーム開発者の多声性」では、自由記述で得られた70件(回答率33.8%)の定性データに基づき、問題提起と改善案に整理し、すべてのケースを提示している。
第8章「まとめ」では、本調査結果で得られた事実発見を要約しつつ、とくに、ゲーム開発者の仕事と生活の実態について、得られた知見を報告している。約7割のゲーム開発者が専門職志向を有しており、1年間あたり平均167.0時間の自己研鑽を行い、中長期的なキャリアを構築しようとしている。しかし、約9割が自分の仕事に誇りを持っているが、約7割はゲーム開発者は世の中から評価されていないと感じており、ゲーム開発者のさらなるプレゼンス向上などが課題として挙げられた。
ゲーム開発者の就業とキャリア形成2015

ゲーム開発者の就業とキャリア形成2015

 

Comments ゲーム開発者の就業とキャリア形成2015 はコメントを受け付けていません。

文化庁、公益社団法人日本芸能実演家団体協議会(芸団協)、一般社団法人日本アニメーター・演出協会(JAniCA)主催シンポジウム「知っているようで知らない、アニメーターや実演家の育ち方~『芸能実演家・スタッフ・アニメーター等の活動と生活実態調査』を踏まえて~」国立新美術館講堂(2015年10月2日)にて発表しました。

Comments シンポジウム「知っているようで知らない、アニメーターや実演家の育ち方~『芸能実演家・スタッフ・アニメーター等の活動と生活実態調査』を踏まえて~」 はコメントを受け付けていません。

「アニメーション制作者の就業の現状と課題」日本アニメーション学会第17回大会、予稿集p.20、横浜国立大学(2013年6月13日)にて発表しました。

Comments アニメーション制作者の就業の現状と課題 はコメントを受け付けていません。

『ゲーム開発者の就業とキャリア形成2014』一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(2015年3月31日)を執筆しました。

●概要
2014年は、いわゆる第8世代と呼ばれる新しい据置型家庭用ゲーム機が日本でも発売され、スマートフォンやタブレット端末などの多様なプラットフォームも普及しつつある。同時に、モバイルブロードバンド環境の拡充にともなっ て、オンラインでのゲームの配信や利用の機会が拡大しつつある。このように、ゲームの領域が拡張されるなかで、ゲーム開発者を取り巻く環境も変容しつつあり、その実情と照らし合わせ、自らのキャリアを省察し、展望しながら、変化する環境に適応させていくことが、より一層重要となってきている。また、ゲーム開発者について理解を深めることは、開発者の叡智や情熱の結晶であるゲームそのもののみならず、それを介して接続される人々、社会、コミュニティ、産業、文化の持続可能な発展にとって重要である。

このような変化の激しい状況下、ゲーム開発者に関する関心の高まりは、日本のみならず、世界的な潮流となっている。例えば、世界最大のゲーム開発者コミュニティであるIGDA(International Game Developers Association: 国際ゲーム開発者協会)は、ゲーム開発者に関する知見を必ずしも体系的に伝えてこなかったという反省に立脚し、ゲーム開発者について理解を深める手がかりとなる調査研究を、年間事業計画に位置づけて推進している。

以上の問題意識や動向を鑑み、一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会CEDEC運営委員会は、ゲーム開発者が働く環境と、キャリアに関する意識や行動の現況を把握することを目的として、2014年7月1日〜8月15日に、商業ゲーム開発者を対象にした第2回目のインターネット調査(ゲーム開発者の生活と仕事に関するアンケート調査2014)を実施した。この間に得られた調査回答は、401件であった。

本調査報告書の構成は以下のとおりである。

第1章「研究の概要」では、調査の趣旨、対象、方法などを提示している。

第2章「回答者の概要」では、(1)性別、年齢、国籍、最終学歴、学問系統といった「回答者の基本属性」、(2)同居家族構成、主たる生計維持者といった「回答者の生活属性」、(3)開発・支援しているプラットフォーム、開発運営タイトル数、職種、役職、勤続年数、ゲーム産業での就業年数といった「回答者の就業属性」、(4)勤務先の創業年数、従業員数、勤務地、対前年度比の企業業績といった「回答者の職場の概要」を提示している。なお、昨年度(2013年度)の調査結果と比較検討が可能となるように、データを付記している。

第3章「ゲーム開発者の働き方とキャリア」では、就労形態、勤務形態、普段と繁忙期における労働時間、仕事時間の決定者、労働時間の長さに対する考え、繁忙期の長さ、繁忙期が生じる理由、転職行動、自己研鑽の時間、ゲーム産業での就業計画などを提示している。

第4章「ゲーム開発者の給与」では、2013年1月〜12月の年収について、国内外の関連調査結果との比較を踏まえて提示している。

第5章「ゲーム開発者の仕事と生活」では、仕事と生活の状況、仕事と生活の満足度について、四件法尺度でそれぞれ尋ねた結果を提示している。

第6章「ゲーム開発者が考えるゲーム産業の未来」では、今後3年間におけるゲーム産業の成長にとって重要なプラットフォーム、ゲーム、社会との関わりなどについて、ゲーム開発者に四件法尺度でそれぞれ尋ねた結果を提示している。

第7章「ゲーム開発者からの問題提起・改善案」では、自由記述で得られた130件(回答率32.4%)の定性データに基づき、問題提起と改善案に整理し、調査内容に関する事項などが記されたその他を除いたすべてのケースを提示している。

第8章「まとめ」では、本調査結果で得られた事実発見を要約しつつ、とくに、この一年間で、ゲーム開発者を取り巻く環境がいかに変化し、また、何が変わらないのかという観点から、知見を導出している。

ゲーム開発者の就業とキャリア形成2014

ゲーム開発者の就業とキャリア形成2014

Comments ゲーム開発者の就業とキャリア形成2014 はコメントを受け付けていません。

「IGDA開発者満足度調査2014要約報告書の翻訳にあたって:ゲーム開発者の理解を深めるために」『デジタルゲーム学研究 』第7巻2号、pp.45-48(2015年3月)を執筆しました。

●キーワード
国際ゲーム開発者協会、ゲーム開発者、生活の質調査、ゲーム業界労働力調査、開発者満足度調査

●概要
本稿では、国際ゲーム開発者協会(International Game Developers Association: IGDA)より公開された『開発者満足度調査2014要約報告書(Developer Satisfaction Survey 2014 Summary Report)』の翻訳にあたり、関連する調査研究の系譜と本調査研究の関係について解説し、ゲーム開発者の理解を深めることの意義について述べる。

「IGDA開発者満足度調査2014要約報告書」『デジタルゲーム学研究』第7巻2号、pp.49-65(2015年3月)を翻訳しました。

Comments IGDA開発者満足度調査2014要約報告書の翻訳にあたって:ゲーム開発者の理解を深めるために はコメントを受け付けていません。

“Career Development among Japanese Game Developers: Adaptability in the Gaming Industry”Replaying Japan Again: 2nd International Japan Game Studies Conference 2014, Proceedings pp.45-46, University of Alberta(2014年8月21日)にて発表しました。

●Related Sites

Comments Career Development among Japanese Game Developers: Adaptability in the Gaming Industry はコメントを受け付けていません。

Career Development among Japanese Female Game Developers: Perspective from Life Stories of Creative Professionals. In Prescott, J., & McGurren, J.E. (Eds.), Gender Considerations and Influence in the Digital Media and Gaming Industry (pp.110-124). Hershey, New York: IGI Global. June 2014を執筆しました。

Comments Career Development among Japanese Female Game Developers: Perspective from Life Stories of Creative Professionals はコメントを受け付けていません。

『ゲーム開発者の就業とキャリア形成2013』一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(2014年3月31日)を執筆しました。

●概要
急激に進展する技術革新、国際競争の激化、ネットワークの高度化やメディアの発達などの変化を背景として、近年、ゲームの開発環境は大きく変貌している。このように変化の激しい状況の中で、ゲーム産業における開発者のキャリア発達に関する調査研究の蓄積は、現役のゲーム開発者のみならず、次代を担う人材の育成、ひいては、ゲーム産業やゲームをめぐる文化や社会の持続可能な発展にとって大きな課題の一つである。
そこで、一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会CEDEC運営委員会は、ゲーム開発者が働く環境と、キャリアに関する意識や行動の現況を把握することを目的として、2013年7月1日〜31日に、商業ゲーム開発者を対象にしたインターネット調査(ゲーム開発者の生活と意識に関する調査)を実施した。
本調査は、第一に、現役のゲーム開発者と将来のゲーム開発者が、キャリア形成について考える契機となるための情報を提供すること、第二に、経年的な調査により、他産業や海外との比較などを考慮に入れ、ゲーム開発を取り巻く環境について、産官学それぞれの対応に役立つ情報を提供することを目指している。
第1章「研究の概要」では、調査の趣旨、対象、方法、調査実施期間、有効回答数を提示した。
第2章「回答者の概要」では、(1)性別、年齢、最終学歴、学問分野、国籍といった「回答者の基本属性」、(2)配偶関係、子どもの数、主たる生計維持者といった「回答者の生活属性」、(3)職種、役職、勤続年数といった「回答者の就業属性」、(4)勤務先の事業、従業員数、場所、業績といった「回答者の職場の概要」を提示した。
第3章「ゲーム開発者の就業意識と行動」、第4章「ゲーム開発者の働き方と職場」、第5章「ゲーム開発者の給与」、第6章「ゲーム開発者のキャリアと学び」では、(1)全体、(2)性別、(3)最終学歴、(4)年齢、(5)職種、(6)事業領域の観点から、クロス集計結果を報告した。
第7章「ゲーム開発者の多声性」では、自由記述で得られた定性的なデータに基づいて、ゲーム産業での仕事、働き方、職場環境、キャリア形成、生活に関する意見や提案を報告した。
第8章「まとめ」では、本調査から導出された知見と、今後の課題を提示した。

ゲーム開発者の就業とキャリア形成2013

ゲーム開発者の就業とキャリア形成2013(PDF:3.3MB)

Comments ゲーム開発者の就業とキャリア形成2013 はコメントを受け付けていません。

「ゲーム産業における開発者のキャリア発達:仕事・生活・学習の観点から」日本キャリアデザイン学会第55回研究会、法政大学市ヶ谷キャンパス ボアソナード・タワー25階 イノベーション・マネジメント研究センター セミナー室(2014年2月22日)にて発表しました。

●概要
日本のゲーム産業は、コンテンツ産業の中でも最大の輸出産業として経済発展に貢献するのみならず、海外においてゲームやその開発者を通して日本文化の発信にも寄与するなど大きな役割を果たしています。しかし、近年、とくに北米や欧州、アジア諸国の躍進などの国際競争の激化や、急激な技術革新に伴う開発環境や市場動向の変化が進んでいます。

このように変化の激しい状況の中で、ゲーム産業における開発者のキャリアは、異なる組織を越境しながら構築されるバウンダリーレス・キャリアといった様相も呈しています。ゲームは、プロデューサー、ディレクター、プランナー、プログラマー、グラフィックデザイナー、サウンド、サーバエンジニアなどによる専門分業と協働によって開発されており、その職業やキャリアもさまざまです。また、開発者は、技術や知識を磨くために、職場の内外で主体的に学ぶとともに、独自のネットワークを形成し、生涯キャリア発達へとつなげています。しかし、創造的活動によって生計を立てているゲーム開発者の職業情報の整備や、キャリアに関する研究の蓄積は未だ十分とはいえない現状です。

そこで、本研究会では、ゲーム産業のビジネスと、その領域で創造的活動を担う開発者の職業とキャリア、学びの観点から、ゲーム産業における開発者のキャリア発達の現状を報告、共有し、創造的人材のキャリア発達について知見を深めていきたいと思います。

とくに、ゲーム分野の進路を志望する学生のキャリア支援に携わっている高等学校や高等教育機関の関係者、創造的人材の育成やマネジメントに関わっている企業の人事担当者の皆様にご参加いただき、議論を重ねたいと思います。

●関連サイト
日本キャリアデザイン学会第55回研究会のお知らせ

Comments ゲーム産業における開発者のキャリア発達:仕事・生活・学習の観点から はコメントを受け付けていません。