Posts Tagged “映像表現”

「今 敏のつながり合う創造的世界:自己探求の連鎖」『アニメーション研究』第18巻1号、pp.15-32(2016年9月)を執筆しました。

●キーワード
ライフストーリー、創発的協働、平沢進、連鎖、世代継承性

●概要
本研究の目的は、今 敏のライフストーリーの観点から、今 敏監督の人間像、今 敏監督作品の創造過程、そして、今 敏監督と今 敏監督作品との連関について明らかにすることである。本研究では、アニメーション作品、絵コンテ、日記、ブログ、ウェブサイト、エッセイ、音声解説、記事などの資料調査に基づく質的研究の方法論を採用した。その結果、今 敏は、仕事と仲間とともに、アニメーション監督という職業を通して、アイデンティティを確立させながら、自らを表現しようとしていることが明らかにされた。
今 敏監督は、絵を描くことによって、想像力を拡張し、創造性に富んだ新しいアニメーションの表現に挑戦し続けている。彼のアイディアは、現実と対峙し、予期しない出来事や偶然の出会いが源泉となっている。とくに、平沢進の音楽と筒井康隆の小説の影響を受けており、これらの世界観は、今 敏監督のアニメーション作品に活かされている。さらに、今 敏監督は、日常生活の中での想像力を作品に反映している。本研究の結論として、今 敏は、自らの人生の意味を探求しながら、アニメーション作品の中に、彼自身の人生のテーマを表現し続けていることが明らかにされた。

Satoshi Kon’s Interconnected Creative Worlds: The Continuity of Self-exploration. The Japanese Journal of Animation Studies, 18(1), pp.15-32, September 2016.

●Key words
continuity, emergent collaboration, generativity, life story, Susumu Hirasawa

●Abstract
This essay aims to clarify Satoshi Kon’s personality, the creative process of the animation works he directed, and the interrelations between the person and his directorial work, applying a life story approach and employing life history as a qualitative research method based on historical materials, such as Kon’s animation works, storyboards, diaries, blogs, websites, essays, audio commentaries, and articles. As a result, it is made clear that Satoshi Kon attempted to establish his identity and expressed himself through his profession as an animation film director in collaboration with his colleagues. He continuously created innovative animation films by expanding his imagination through drawing. His ideas sprang from confrontations with reality, mostly in the form of unexpected events or accidental encounters. He was particularly influenced by Susumu Hirasawa’s music and Yasutaka Tsutsui’s novels, whose worldviews he animated in his works. Furthermore, his daily-life impressions also went into his works. This essay reaches the conclusion that Satoshi Kon’s pursuit of meanings in his life led him to continuously deal with them as themes of his animation works.

Comments 今 敏のつながり合う創造的世界:自己探求の連鎖(Satoshi Kon’s Interconnected Creative Worlds: The Continuity of Self-exploration) はコメントを受け付けていません。

「デジタルゲームの社会的受容に関する考察:ゲームユーザ保護者へのインタビュー調査をもとに」日本デジタルゲーム学会2015年次大会、予稿集pp.165-168、芝浦工業大学大宮キャンパス(2016年2月28日)にて発表しました。

●キーワード
ゲーム環境、コミュニケーション、世代継承性、レーティングシステム、リテラシー

●概要
近年、家庭用ゲーム機のみならず、スマートデバイスなどのさまざまなプラットフォームによってゲームがプレイされている。そこで、本報告では、普段、デジタルゲームをプレイしている子供を持つ保護者12名に対して実施した半構造化面接調査結果に基づき、デジタルゲームの社会的受容の現況について明らかにする。

●関連サイト
日本デジタルゲーム学会2015年次大会

Comments デジタルゲームの社会的受容に関する考察:ゲームユーザ保護者へのインタビュー調査をもとに はコメントを受け付けていません。

「ゲーム開発者の創造性と職業倫理観の変容プロセス」日本キャリアデザイン学会第12回研究大会、予稿集pp.89-93、北海学園大学豊平キャンパス(2015年9月5日)にて発表しました。

Comments ゲーム開発者の創造性と職業倫理観の変容プロセス はコメントを受け付けていません。

「デジタルゲームの倫理に関する考察:レーティングシステムと開発者の職業倫理の観点から」日本デジタルゲーム学会2014年次大会、予稿集pp.25-28、宮城大学大和キャンパス(2015年3月7日)にて発表しました。

●キーワード
ゲームレーティングシステム、CERO、IARC、職業倫理、デジタルゲームの倫理的統治

●概要
近年、デジタルゲームの開発・流通・プレイのありようが変化するなかで、その表現や倫理をめぐる問題は、国際的・文化的・社会的観点から重要になってきている。そこで、本報告では、ゲームの社会的受容に関する先行研究を踏まえて実施した調査結果に基づき、レーティングシステムの変遷とゲーム開発者の職業倫理に着目し、デジタルゲームの表現と倫理の在り方について検討する。

●関連サイト
日本デジタルゲーム学会2014年次大会

Comments デジタルゲームの倫理に関する考察:レーティングシステムと開発者の職業倫理の観点から はコメントを受け付けていません。

専修大学ネットワーク情報学部藤原研究室では、持続可能なゲームと社会について検討する一環として、(1)ゲーム開発者の方々がどのような意識(職業倫理)をもとにゲーム開発に携われているのか、(2)ゲーム会社はいかなる組織の意思決定のもとに消費者にゲームを提供しているのかなどを明らかにすべく調査研究を行っています。

この度、本研究においてインタビュー調査に応じていただける、(1)ゲーム開発者の方々、ならびに、(2)ゲーム会社の法務・人事等のご担当者を募集しています。

インタビュー調査の主な内容は、ご自身のキャリア・仕事、デジタルゲームの表現と倫理に関するお考え、所属企業や組織における法令遵守・CSR・開発者倫理教育の状況などです。

調査結果につきましては、論文としてとりまとめ、今後の研究発展のために活用させていただきます。なお、インタビュー調査でお聞きした内容は、研究目的にのみ使用します。他の目的に使用することや、公表する論文内で個人名や企業名が特定されることはありません。

本調査研究へのご支援・ご協力を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

●実施時期
2014年6月~11月(予定)

●ご協力をお願いしたい方
(1)ゲーム産業で5年以上の就業経験を有するゲーム開発者
(プロデューサー、ディレクター、プランナー、プログラマー、アーティスト、サウンド、ネットワーク・エンジニアなど)
(2)ゲーム会社で法令遵守、CSR、人材育成を担っている法務・人事等担当者

●調査方法
1対1の個別インタビュー。所要時間は90分程度を予定しています。

●日時・場所
日時:個別に調整させていただきます(土日、夜間も対応可能です)。
場所:調査員(藤原)が貴社またはご都合がよい場所等にお伺いします(個別にご相談させていただきます)。

●インタビュー調査の内容
ご自身のキャリア・仕事、デジタルゲームの表現と倫理に関するお考え、所属企業や組織における法令遵守・CSR・開発者倫理教育の状況など。

●個人情報や機密情報の取り扱い
インタビュー調査でお聞きした内容は、研究目的にのみ使用します。他の目的に使用することや、公表する論文内で個人名や企業名が特定されることはありません。

●発表方法
学会発表や論文等での発表を予定しています。

●お申込方法
題名に「ゲームの表現倫理調査」と明記の上、コチラよりお申し込みください。

●お問い合わせ先
専修大学ネットワーク情報学部
准教授 藤原正仁
〒214-8580 神奈川県川崎市多摩区東三田2−1−1
http://mfujihara.net/contact/

Comments インタビュー調査に応じていただける「ゲーム開発者」「法務・人事等担当者」の方を募集しています! はコメントを受け付けていません。

「アニメーション監督今 敏という生き方と作品における表現の連鎖:文化資源に基づく一考察」日本映像学会2013年度第2回アニメーション研究会、日本大学文理学部3409教室(2014年3月22日)にて発表しました。

●概要
アニメーション監督今 敏という人や作品に関する資料(史料)は、漫画、アニメーションの他、絵コンテ、イラスト、パンフレット、日誌、Blog、インタビュー記事、オーディオコメンタリーや講演といった口述記録、批評・解説・紹介文、論文、書籍など、多数存在する。残された多種多様な資料の資源化を通して、総合的に考察し、今 敏監督および関係する人たち、作品をより深く理解することで、アニメーション監督今 敏と作品との関係を明らかにすることにも結実するであろう。

本研究は、横田(2003; 2006; 2012)と同様に、今 敏監督と作品との関係について、今 敏自身のテーマが反映されているという観点に立脚する。しかし、アニメーション監督今 敏という生き方と作品における表現の連鎖について、未だ十分に解明されたとは言い難い。そこで、本研究では、以上の資料(史料)のうち、とくに、アニメーション監督今 敏による語りに着目しながら、「アニメーション監督今 敏という生き方と作品における表現が連鎖している」という仮説を検証し、考察を行う。

●関連サイト
日本映像学会2013年度第2回アニメーション研究会

Comments アニメーション監督今 敏という生き方と作品における表現の連鎖:文化資源に基づく一考察 はコメントを受け付けていません。