Posts Tagged “映像倫理”

「デジタルゲームのレーティングシステムの変遷と課題:CERO、PEGI、IARCの比較」『デジタルゲーム学研究』第9巻2号、pp.1-13(2017年6月)を執筆しました。

●キーワード
ゲームレーティングシステム、CERO、PEGI、IARC、デジタル配信

●概要
近年、デジタルゲームの開発・流通・プレイのありようが変化するなかで、その表現や倫理をめぐる問題は、国際的・文化的・社会的観点から重要になってきている。そこで、本稿は、CERO、PEGI、IARCにおけるデジタルゲームのレーティングシステムの変遷に着目し、デジタル配信時代におけるレーティングシステムの在り方について検討することを目的とした。その結果、CEROとPEGIの審査基準の情報公開の在り方に相違がみられること、ゲームやアプリのデジタル配信などを背景として、レーティングシステムの在り方が自己申告(Self-regulation systems)へと変化してきていること、新しいゲーム技術の導入に対するレーティングシステムの適用について検討が求められていることが明らかにされた。

Issues and Transitions in Digital Game Rating Systems: Comparing CERO, PEGI, and IARC. Journal of Digital Games Research, 9(2), pp.1-13, June 2017.

●Key words
Game Rating System, CERO, PEGI, IARC, Digital Distribution

●Abstract
In recent times, ethical issues involving digital game production, distribution, and consumer play are becoming more important from international, cultural, and social perspectives. The purpose of this study is to clarify the ethical governance and distribution of digital game rating systems in the digital distribution era, focusing on the transition of the CERO, PEGI, and IARC rating systems. The results show that the game rating systems have changed in the following ways: (1) CERO and PEGI have a difference in their information disclosure of the rating criteria, (2) the rating systems are changing into self-regulation systems that provide information of digital games and apps, and (3) the application of rating systems to new game technologies has to be further examined.

Comments デジタルゲームのレーティングシステムの変遷と課題:CERO、PEGI、IARCの比較 (Issues and Transitions in Digital Game Rating Systems: Comparing CERO, PEGI, and IARC) はコメントを受け付けていません。

「デジタルゲームの社会的受容に関する考察:ゲームユーザ保護者へのインタビュー調査をもとに」日本デジタルゲーム学会2015年次大会、予稿集pp.165-168、芝浦工業大学大宮キャンパス(2016年2月28日)にて発表しました。

●キーワード
ゲーム環境、コミュニケーション、世代継承性、レーティングシステム、リテラシー

●概要
近年、家庭用ゲーム機のみならず、スマートデバイスなどのさまざまなプラットフォームによってゲームがプレイされている。そこで、本報告では、普段、デジタルゲームをプレイしている子供を持つ保護者12名に対して実施した半構造化面接調査結果に基づき、デジタルゲームの社会的受容の現況について明らかにする。

●関連サイト
日本デジタルゲーム学会2015年次大会

Comments デジタルゲームの社会的受容に関する考察:ゲームユーザ保護者へのインタビュー調査をもとに はコメントを受け付けていません。

「ゲーム開発者の創造性と職業倫理観の変容プロセス」日本キャリアデザイン学会第12回研究大会、予稿集pp.89-93、北海学園大学豊平キャンパス(2015年9月5日)にて発表しました。

Comments ゲーム開発者の創造性と職業倫理観の変容プロセス はコメントを受け付けていません。

「デジタルゲームの倫理に関する考察:レーティングシステムと開発者の職業倫理の観点から」日本デジタルゲーム学会2014年次大会、予稿集pp.25-28、宮城大学大和キャンパス(2015年3月7日)にて発表しました。

●キーワード
ゲームレーティングシステム、CERO、IARC、職業倫理、デジタルゲームの倫理的統治

●概要
近年、デジタルゲームの開発・流通・プレイのありようが変化するなかで、その表現や倫理をめぐる問題は、国際的・文化的・社会的観点から重要になってきている。そこで、本報告では、ゲームの社会的受容に関する先行研究を踏まえて実施した調査結果に基づき、レーティングシステムの変遷とゲーム開発者の職業倫理に着目し、デジタルゲームの表現と倫理の在り方について検討する。

●関連サイト
日本デジタルゲーム学会2014年次大会

Comments デジタルゲームの倫理に関する考察:レーティングシステムと開発者の職業倫理の観点から はコメントを受け付けていません。

専修大学ネットワーク情報学部藤原研究室では、持続可能なゲームと社会について検討する一環として、(1)ゲーム開発者の方々がどのような意識(職業倫理)をもとにゲーム開発に携われているのか、(2)ゲーム会社はいかなる組織の意思決定のもとに消費者にゲームを提供しているのかなどを明らかにすべく調査研究を行っています。

この度、本研究においてインタビュー調査に応じていただける、(1)ゲーム開発者の方々、ならびに、(2)ゲーム会社の法務・人事等のご担当者を募集しています。

インタビュー調査の主な内容は、ご自身のキャリア・仕事、デジタルゲームの表現と倫理に関するお考え、所属企業や組織における法令遵守・CSR・開発者倫理教育の状況などです。

調査結果につきましては、論文としてとりまとめ、今後の研究発展のために活用させていただきます。なお、インタビュー調査でお聞きした内容は、研究目的にのみ使用します。他の目的に使用することや、公表する論文内で個人名や企業名が特定されることはありません。

本調査研究へのご支援・ご協力を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

●実施時期
2014年6月~11月(予定)

●ご協力をお願いしたい方
(1)ゲーム産業で5年以上の就業経験を有するゲーム開発者
(プロデューサー、ディレクター、プランナー、プログラマー、アーティスト、サウンド、ネットワーク・エンジニアなど)
(2)ゲーム会社で法令遵守、CSR、人材育成を担っている法務・人事等担当者

●調査方法
1対1の個別インタビュー。所要時間は90分程度を予定しています。

●日時・場所
日時:個別に調整させていただきます(土日、夜間も対応可能です)。
場所:調査員(藤原)が貴社またはご都合がよい場所等にお伺いします(個別にご相談させていただきます)。

●インタビュー調査の内容
ご自身のキャリア・仕事、デジタルゲームの表現と倫理に関するお考え、所属企業や組織における法令遵守・CSR・開発者倫理教育の状況など。

●個人情報や機密情報の取り扱い
インタビュー調査でお聞きした内容は、研究目的にのみ使用します。他の目的に使用することや、公表する論文内で個人名や企業名が特定されることはありません。

●発表方法
学会発表や論文等での発表を予定しています。

●お申込方法
題名に「ゲームの表現倫理調査」と明記の上、コチラよりお申し込みください。

●お問い合わせ先
専修大学ネットワーク情報学部
准教授 藤原正仁
〒214-8580 神奈川県川崎市多摩区東三田2−1−1
http://mfujihara.net/contact/

Comments インタビュー調査に応じていただける「ゲーム開発者」「法務・人事等担当者」の方を募集しています! はコメントを受け付けていません。