「デジタルゲームのレーティングシステムの変遷と課題:CERO、PEGI、IARCの比較」『デジタルゲーム学研究』第9巻2号、pp.1-13(2017年6月)を執筆しました。

●キーワード
ゲームレーティングシステム、CERO、PEGI、IARC、デジタル配信

●概要
近年、デジタルゲームの開発・流通・プレイのありようが変化するなかで、その表現や倫理をめぐる問題は、国際的・文化的・社会的観点から重要になってきている。そこで、本稿は、CERO、PEGI、IARCにおけるデジタルゲームのレーティングシステムの変遷に着目し、デジタル配信時代におけるレーティングシステムの在り方について検討することを目的とした。その結果、CEROとPEGIの審査基準の情報公開の在り方に相違がみられること、ゲームやアプリのデジタル配信などを背景として、レーティングシステムの在り方が自己申告(Self-regulation systems)へと変化してきていること、新しいゲーム技術の導入に対するレーティングシステムの適用について検討が求められていることが明らかにされた。

Issues and Transitions in Digital Game Rating Systems: Comparing CERO, PEGI, and IARC. Journal of Digital Games Research, 9(2), pp.1-13, June 2017.

●Key words
Game Rating System, CERO, PEGI, IARC, Digital Distribution

●Abstract
In recent times, ethical issues involving digital game production, distribution, and consumer play are becoming more important from international, cultural, and social perspectives. The purpose of this study is to clarify the ethical governance and distribution of digital game rating systems in the digital distribution era, focusing on the transition of the CERO, PEGI, and IARC rating systems. The results show that the game rating systems have changed in the following ways: (1) CERO and PEGI have a difference in their information disclosure of the rating criteria, (2) the rating systems are changing into self-regulation systems that provide information of digital games and apps, and (3) the application of rating systems to new game technologies has to be further examined.

コメントは受け付けていません。