専修大学ネットワーク情報学部藤原研究室では、持続可能なゲームと社会について検討する一環として、(1)ゲーム開発者の方々がどのような意識(職業倫理)をもとにゲーム開発に携われているのか、(2)ゲーム会社はいかなる組織の意思決定のもとに消費者にゲームを提供しているのかなどを明らかにすべく調査研究を行っています。

この度、本研究においてインタビュー調査に応じていただける、(1)ゲーム開発者の方々、ならびに、(2)ゲーム会社の法務・人事等のご担当者を募集しています。

インタビュー調査の主な内容は、ご自身のキャリア・仕事、デジタルゲームの表現と倫理に関するお考え、所属企業や組織における法令遵守・CSR・開発者倫理教育の状況などです。

調査結果につきましては、論文としてとりまとめ、今後の研究発展のために活用させていただきます。なお、インタビュー調査でお聞きした内容は、研究目的にのみ使用します。他の目的に使用することや、公表する論文内で個人名や企業名が特定されることはありません。

本調査研究へのご支援・ご協力を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

●実施時期
2014年6月~11月(予定)

●ご協力をお願いしたい方
(1)ゲーム産業で5年以上の就業経験を有するゲーム開発者
(プロデューサー、ディレクター、プランナー、プログラマー、アーティスト、サウンド、ネットワーク・エンジニアなど)
(2)ゲーム会社で法令遵守、CSR、人材育成を担っている法務・人事等担当者

●調査方法
1対1の個別インタビュー。所要時間は90分程度を予定しています。

●日時・場所
日時:個別に調整させていただきます(土日、夜間も対応可能です)。
場所:調査員(藤原)が貴社またはご都合がよい場所等にお伺いします(個別にご相談させていただきます)。

●インタビュー調査の内容
ご自身のキャリア・仕事、デジタルゲームの表現と倫理に関するお考え、所属企業や組織における法令遵守・CSR・開発者倫理教育の状況など。

●個人情報や機密情報の取り扱い
インタビュー調査でお聞きした内容は、研究目的にのみ使用します。他の目的に使用することや、公表する論文内で個人名や企業名が特定されることはありません。

●発表方法
学会発表や論文等での発表を予定しています。

●お申込方法
題名に「ゲームの表現倫理調査」と明記の上、コチラよりお申し込みください。

●お問い合わせ先
専修大学ネットワーク情報学部
准教授 藤原正仁
〒214-8580 神奈川県川崎市多摩区東三田2−1−1
http://mfujihara.net/contact/

コメントは受け付けていません。