「ゲーム産業における開発者のキャリア発達:仕事・生活・学習の観点から」日本キャリアデザイン学会第55回研究会、法政大学市ヶ谷キャンパス ボアソナード・タワー25階 イノベーション・マネジメント研究センター セミナー室(2014年2月22日)にて発表しました。

●概要
日本のゲーム産業は、コンテンツ産業の中でも最大の輸出産業として経済発展に貢献するのみならず、海外においてゲームやその開発者を通して日本文化の発信にも寄与するなど大きな役割を果たしています。しかし、近年、とくに北米や欧州、アジア諸国の躍進などの国際競争の激化や、急激な技術革新に伴う開発環境や市場動向の変化が進んでいます。

このように変化の激しい状況の中で、ゲーム産業における開発者のキャリアは、異なる組織を越境しながら構築されるバウンダリーレス・キャリアといった様相も呈しています。ゲームは、プロデューサー、ディレクター、プランナー、プログラマー、グラフィックデザイナー、サウンド、サーバエンジニアなどによる専門分業と協働によって開発されており、その職業やキャリアもさまざまです。また、開発者は、技術や知識を磨くために、職場の内外で主体的に学ぶとともに、独自のネットワークを形成し、生涯キャリア発達へとつなげています。しかし、創造的活動によって生計を立てているゲーム開発者の職業情報の整備や、キャリアに関する研究の蓄積は未だ十分とはいえない現状です。

そこで、本研究会では、ゲーム産業のビジネスと、その領域で創造的活動を担う開発者の職業とキャリア、学びの観点から、ゲーム産業における開発者のキャリア発達の現状を報告、共有し、創造的人材のキャリア発達について知見を深めていきたいと思います。

とくに、ゲーム分野の進路を志望する学生のキャリア支援に携わっている高等学校や高等教育機関の関係者、創造的人材の育成やマネジメントに関わっている企業の人事担当者の皆様にご参加いただき、議論を重ねたいと思います。

●関連サイト
日本キャリアデザイン学会第55回研究会のお知らせ

コメントは受け付けていません。