専修大学産学連携キャリアシンポジウム2013「社会と大学との間の学びサイクルの活性化」開催のお知らせ

専修大学では、平成17年4月に学生のキャリア形成支援を目的とした専門機関「キャリアデザインセンター」を設置し、産官学連携のもとにインターンシップ、キャリア形成支援講座等、数々取り組みを行ってまいりました。
このシンポジウムでは、本センターでのこれまでの取り組みをご理解いただくとともに、今後、産業界と大学はどのように連携し、人材育成していくべきか論議し、情報を発信していきたいと考えております。
ご興味・ご関心のある皆様のご参加をお待ちいたしております。

 ~何が、”点”を繋ぐのか?~

大学で教えるいろいろな学問、それを学ぶ学生たち、そして、社会で必要とされている様々な仕事。これらの多くの“点”を有機的につなげることが大学におけるキャリア教育です。それでは、どういうことを行えば“点”をつなぐことができるのでしょうか。私たちは、社会と大学との間の学びサイクルの活性化であると考えます。すなわち、(1)社会との接点を多くすることにより、学生が自分に合ったキャリアを無理なく発見し、(2)キャリアという目的意識をもたせることにより、勉学に対するモチベーションを向上させることにあります。

開催日:平成25年 3月15日(金)
場 所:神田キャンパス7号館 3階731教室

次 第:
【シンポジウム】 13:00~16:45
1)開会挨拶:山崎秀彦(司会:キャリア教育企画室長・経営学部教授)
2)発題講演:日高義博(学長・理事長) <テーマ>大学と社会の接点-社会知性の開発
3)基調講演:荒川詔四 氏(株式会社ブリヂストン取締役会長) <テーマ>企業経営と求められる人財像
4)本学におけるキャリア教育の取組と今後の課題
小 林   隆(キャリアデザインセンター長・ネットワーク情報学部教授)
佐野太刀彦(ネットワーク情報学部 4年次生)
5)米国の先進事例報告
藤原正仁(キャリアデザインセンター運営委員・ネットワーク情報学部講師)
堀野賢一郎(キャリアデザインセンター事務課)
6)パネルディスカッション <テーマ>専修大学は産業界とどのように連携し人材を育成していくべきか
・コーディネータ
大山雅嗣(日本生産性本部人材開発コンサルタント・商学部非常勤講師)
・パネリスト
長谷川信 氏(青山学院大学副学長)
抱山洋之 氏(小田急電鉄株式会社執行役員人事部長)
中村 健 氏(川崎市経済労働局産業振興部長)
菅沼堅吾 氏(東京新聞編集局長・専修大学育友会顧問)
小 林 隆
7)講  評:長谷川信 氏
8)閉会挨拶:内山哲朗(インターンシップオフィス長・経済学部教授)

【懇親会】17:10~18:30
場 所:神田キャンパス1号館 15階ホール 報恩の間
参加費:2千円 (当日、受付にてお支払いください)
参加対象:学生、高校・本学教職員、一般
申し込み:※定員(150名)になり次第、締め切らせていただきます。

【メールまたはFAX申込方法】
件名に(1)氏名 (2)勤務先または学校名 (3)所属 (4)電話番号 (5)メールアドレス (6)懇親会への出欠、件名(シンポジウム申込)を明記の上、下記のメールアドレスまたはFAX番号に事前にお申し込みください。(様式自由)
E-MAIL:career@acc.senshu-u.ac.jp
FAX:044-911-7190 FAX用紙はコチラ

【WEB申込方法】
https://s360.jp/form/30448-1055/

お問い合わせ
専修大学キャリアデザインセンター
〒214-8580 神奈川県川崎市多摩区東三田2-1-1
TEL:044-911-7189 FAX:044-911-7190
電話受付時間:平日9:00~17:00 土曜日9:00~12:00
E-MAIL:career@acc.senshu-u.ac.jp

専修大学産学連携キャリアシンポジウム2013「社会と大学との間の学びサイクルの活性化」

専修大学産学連携キャリアシンポジウム2013「社会と大学との間の学びサイクルの活性化」